「壊しきる前にあそびきる!」企画っ – 本社事務所移転!?-

PROJECTS

多磨霊園にシンクハピネス本社移転!?

the town stand FLAT を運営する株式会社シンクハピネス。
訪問看護リハビリステーションと居宅介護支援事業所、府中市でご自宅で暮らしている方に訪問にて医療や福祉のサービスを提供している会社なんですよー

本社は府中町にあり、そこにLIC訪問看護リハビリステーションが会社創業から、1年後にフラスタをつくり、またその1年後にフラスタの裏の村の102に居宅介護支援事業所life design village FLATをつくり…会社の創業から5年半。

もともと事業所に併設するかたちではなく、地域の中に飛び込んじゃって考える!ってスタンスだったんですけど、フラスタができ、life design village FLATができ…当初から考えていた村づくりみたいなことが少しずつできてきて、地域の方から医療や福祉の相談も受けるようになってきていたんですよね。
LIC訪問看護リハビリステーションの人数も増え、事務所は探していたんですけど。ってタイミングで不動産屋さんから「空き」がでましたけどって電話。
早速見に行ってみることに!!

広さは十分!!やっちゃうか!?

もともと塾として利用していたところで、場所自体は1年くらいの利用なので中の状態としてはすごく良い。
ただ、こんなに部屋はいらないし、できれば開放的な空間にしたいよねーって話をしていたので、ここにするとしたら工事に結構コストかかるかなーって感じもあったんですけど、うまいカタチでひきつげることができたのでイニシャルコストは極めて低くできそうな感じになったので、決めちゃいました!!(もちろん社内でも検討してますよー)

 

みんなに手伝ってもらいながら工事も進行

やるって決まったら、D.I.Y.担当の管理人しげをが工事の打ち合わせやらをしつつ自分たちでできることは自分たちでやる方向に!!パーテーションの外し仕方を理解するのにちょっと手こずったけどなんとかなりそう!!(良い子は真似しないでね!!)

電気まわりは専門家に任せたり、水周りの設置は業者さんにお願いするけど、やれることは自分たちでやっちゃうのがシンクハピネススタイル(では決してない)。

こんだけ開放感が出てきたー!

ここまでいくと、だんだん引っ越してくる具体的なイメージが浮かんできます。
と同時に、あれしないと、これないとまずいよねってことも具体的にでてきます。

引っ越し準備や手続きもあるので職人さんが仕事を進めてくれるこの時期は、もろもろ各部署にて何が必要/何は捨てるとか、レイアウトどうするとか予算いくら必要とか、日常業務をやりながらみんなそれぞれで着々と進めてくれています。

そんな中、ここから引っ越しまでの1ヶ月弱くらいあるから、「めっちゃあそべそう!!」って思ってしまったのでここから皆さんにはお付き合いいただきますよー!?